全身脱毛ってどんな種類があるの?脱毛の種類と特徴


最も多いレーザー脱毛の特徴

全身脱毛に関心を持つ人は少なくありませんが、どんな種類があるのでしょうか。一口に全身脱毛といってもその種類は多様です。一般的に多いのはレーザー・光・そしてニードルです。それぞれの特徴について紹介します。
最も多いレーザー脱毛は、脱毛サロンや医療機関でも行われている脱毛法です。メラニン色素にだけ反応するレーザーを使って毛根部分に刺激を与え、無駄毛が生えてこないようにする方法となっています。医療機関と脱毛サロンでは照射するレーザーの強さに違いはありますが、比較的安全に脱毛ができる方法です。成長期の毛根にしか作用しないため、全身脱毛を受ける人の体質に合わせてレーザーを照射しなければならないため、完全に全身脱毛が完了するまで数年かかる場合もあります。

光脱毛やニードル脱毛もある

最も痛みが少ない光脱毛は、レーザー脱毛と似ている特徴があります。メラニン色素にのみ熱を発する周波数の光を使って毛根に作用し、無駄毛が生えてこないように対処する方法です。レーザー脱毛よりも痛みは激しくありませんが、その分レーザーよりも時間がかかる脱毛法となっています。そのため、数年かかるレーザーよりも、多少施術が長引く場合も少なくありません。また、施術してから2週間前後で効果を実感できるようになるのも特徴です。
最も伝統のある脱毛方法として知られるニードル脱毛は、毛穴部分に微弱な電気を通す針をさしこみ、毛根に直接電流を流して無駄毛が生えてこないようにする方法です。最もおきな効果が得られやすいといわれていますが、その分痛みも強いのが特徴といわれています。

全身脱毛の料金が高いとイメージされがちですが、今では安い料金に設定されており、分割支払いも可能です。